ニキビ 治し方

ニキビの治し方の基本

ニキビを治す方法といっても、それぞれに独自のやり方があると思います。
しかし、基本は変わりません。
どのニキビケア方法でも、基本は同じです。

 

基本とは、生活習慣です。
生活習慣が乱れていては、次から次へとニキビはできてしまいます。

 

睡眠

睡眠は最も大事で、寝ている間に肌は再生されます。
睡眠を十分に取らなければ、肌は疲弊し、美しい肌にはなれません。
眠る時間も22時から2時までの間は、特に活発に肌の再生が行われるので、眠るように心がけましょう。

 

食生活

そして食生活も大切です。
本気でニキビを治す気があるのなら、野菜中心の生活にしましょう。
そして、バランスを大切にします。

 

良いと言われたからと言って、そればっかり摂っていても良くはなりません。
やはり、どれも大切です。
バランスよく、様々なビタミンミネラルを摂るようにしましょう。

 

肉、魚、チョコレート、ナッツなどはニキビの原因となるので、なるべく摂らないようにしたいです。

 

肌のケア

肌を清潔に保ちましょう。
肌を清潔に保たなければ、どれだけ生活習慣を徹底しても、ニキビができる可能性があります。

 

毛穴に詰まった古い角質が炎症を起こすため、ニキビは発生するので、毛穴も綺麗に洗浄するとニキビは出来にくくなります。

 

ニキビケア洗顔は自分の肌に合ったものを使うようにしましょう。

 

おすすめのニキビケア洗顔は、FUJIFILMのルナメアACです。

 

ルナメアACは毛穴の汚れをやさしく取り除き、肌の奥までうるおいを与える技術を開発しました。
今までになかった、有効なニキビケア方法です。

 

ルナメアACを使ったニキビの治し方

 

まず肌に合っていることが大前提です。
どのニキビケア商品を使うにも、肌に合うということがとても大切です。

 

ルナメアACは肌への刺激は強くないので、肌の弱い方でも使用できると思います。
刺激が強くなく、肌に優しいのにニキビケアの効果が高いのは、ルナメアACの優れた点の一つだと思います。

 

肌に合うか合わないか心配の方もいると思いますが、一週間お試しセットもあるので、まずはこちらで試してみれば安心して利用することが出来ると思います。

 

一週間で効果が感じれなかった場合でも、その時点で使用をやめればいいのですから、大きな失敗を防ぐことができます。
しかも、値段は送料込の1000円というリーズナブルか価格なので、手軽に試してみることができます。

 

思春期ニキビで辛かった思い出…

ひか子 女 30代 アルバイト 脂性肌

現在はニキビだらけの女子学生などをみかける機会もめっきり減り、「ニキビは青春のシンボル」なんていう言葉も死語どころか忘却の彼方に。

 

しかし、現在三十代の私が中学生の頃は特効薬などもクレアラシル程度しかなく、1センチ間隔でニキビが凸凸凸という悲惨な事態になっていた。

 

田舎の垢抜けない女子学生だった私は、東にニキビにいいという洗顔料があると聞けば買いに行き、西にニキビ跡が治るというクリームがあれば現物を見に行った。アロエなどの昔ながらのニキビ療法も試してみた。意外と効き目があり、あなどれないと思った記憶がある。

 

女子大生になり、私は遅まきながら化粧に目覚めた。ニキビは収まっていたが、ニキビ跡がひどく、私はリキッドファンデを塗った上にパウダーファンデを付けなければならないほどだった。

 

美容雑誌を読み、ニキビ跡に効くというジェルが紹介されていれば遠くのカウンターまで行き…(ライターさんが勝手に書いただけで、そういう効果はないと言われたことも)。

 

やはりSK-Uがニキビ跡にはその頃は効果抜群だと思われており、あまりお金の無かった私は、数々の資生堂のカウンターを回り、サンプルをもらうという迷惑な行いをしていた… 若さゆえのアヤマチです。あの頃のBAさんすみませんでした。その努力の甲斐あり、今はニキビ跡はまったくありません。

 

ネットで数々のニキビ洗顔料を探しましたが、あまり良いサイトには出会えませんでした。
その中でも、よく見たサイトニキビが治る洗顔ランキングです。

 

ちょうどニキビを治すのも洗顔料で、と考えていたので、その時の自分にはドンピシャなサイトでした。

 

こういうサイトも参考にしながらニキビを治して行きました。

30代後半から体重が急激に増え、2年で20kgも太ってしまいました。

 

慌ててダイエットをはじめ、炭水化物制限と運動で体重を15kg落とすことに成功したのですが、両足の太もも部分と脇腹に目立つ肉割れが残ってしまいました。どうやら肉割れは、急激に太ったときに皮膚が無理やり引っ張られることによって起こるようです。

 

皮膚の深部にある繊維が肉の膨張に追い付かず、避けてしまうらしいのです。一度裂けてしまった繊維はなかなか元にはもどりません。

 

年齢も年齢だし、治すのは無理かな...とも諦めかけましたが、とりあえずできることはやろうと思い、いくつか市販のクリームを購入し試しに塗ってみました。

 

でも、私の場合は市販のクリームでは残念ながらまったく変化は見られませんでした。思い切って美容クリニックでのレーザー治療も考えましたが、未経験のことでちょっと怖かったので断念。

 

結局、皮膚科へと行ったところ塗り薬を処方してもらえて、今はその薬を毎日塗って、少しずつですが肉割れ跡が目立たなくなってきました。

 

病院の先生にも、完全にもとのようなツルツルの肌に戻すことは無理だよと言われましたが、私には皮膚科の薬が合っていたようでだいぶ見た目には改善したと思います。

 

自宅でケアする方法として肉割れクリームを利用する方法もあるので、病院にかかりたくない場合はまずはそちらを検討することもオススメします。

続きを読む≫ 2016/02/13 04:17:13

睡眠不足ですぐにニキビができます...。
原因はよくわかっているのですが、毎日忙しく働いていると満足に睡眠を取れる日の方が少なくて...。
いつも頬やあご、Tゾーンなどに2?3個のニキビを抱えたまま、お化粧をして夜遅くまで仕事をしています。
お化粧がニキビに良くないことも重々承知ではあるのですが、これもまた、働く女性の最低限の身だしなみとしてやめるわけにはいかないことも悩みのタネです。
そういえば、今よりもっとニキビがひどくて、毎日しっかり眠れていたにもかかわらず、それこそ顔中ニキビだらけだった中高生の頃、ドラッグストアでなんとなく手に取ったパウダーがありました。
日焼け止めの効果と硫黄の成分による殺菌効果のあるもので、肌色に合わせて三種類くらいのラインナップがあったはず...。
商品名は失念してしまったのですが、学校や家が厳しくてお化粧をできない学生だった頃に毎日のニキビ隠しに使っていて、ものすごくニキビが改善された記憶があるのです。
果たしてあの製品が、大人になった今でも使用に耐えるものかはわかりませんが、ぜひもう一度巡り合いたいと思ってしまうぐらい、今現在のわたしのニキビの悩みは深いのです...。

続きを読む≫ 2014/12/09 12:24:09

私はここ最近出来るニキビについて何気なく気付いたのですが、私の今ある顔のニキビの大半の場所は、髪の毛、特にもみあげが肌に触れている部分でした。

 

髪の毛によりニキビが出来たり増えるというお話は知っていましたので、前々から自宅にいる時間や、寝る際、特に他人と合わない休日などはニキビが出来にくくするために意識的に髪の毛をピンで留めたり、髪の毛用の輪ゴムで前髪を上げて肌に触れにくくはしていました。

 

ですが今回ニキビが出来た場所、もみあげ部分に関してはまったく意識していませんでしたので何も対策をしていなかったため今の現状があるのだと思います。

 

寧ろ今までもみあげ部分、アゴのラインの耳の近くにニキビが集中して出来ることがありませんでしたので「あ、こんな所にもニキビって出来るのか…。」と、私は初めて知ったくらいです。

 

因みにですが、以前洗顔をする際にしっかり洗っているつもりが、鏡を見て洗っていない私は実は前髪の生え際付近(オデコと髪の毛ギリギリのライン)が全然洗えていなくてしぶといニキビが出来てしまったという経験がありましたので、それに関しては一生懸命毎日の洗顔を頑張り、ニキビ用クリームで治しましたので、最近ではオデコにニキビがまったく出来なくなりました。

 

なので恐らくですが、私は性格上一つの場所に集中して洗顔やニキビ対策をはじめるとほかの場所は(無意識に)丁寧には洗えていないようです。

 

何にせよ今回のアゴのラインのニキビで大きく気付たのは、今後からは『ニキビができやすい場所を』という対策ではなく、『顔全体を』という対策法で、一つの場所にとらわれずに顔全体の対策をして綺麗な肌を保てるようにしたいということです。
ニキビが出来ないようにするためには何かと苦労します。

 

以上、私が無防備にしていた『もみあげ部分に集中して出来たニキビから気付いたこと』でした。

続きを読む≫ 2014/11/06 21:44:06

さいたま 男性 50代 会社員 乾燥肌

 

私自身の事では無いのですが、子供(女子)が中学生の頃、酷いニキビに悩んでいました。

 

当時の写真を見てもすぐ判る程、頬と言い、額と言い、鼻の頭と言い、一番酷い時は
顔中が真っ赤になってしまう程に一時はニキビが酷かったです。

 

勿論、洗顔やニキビケアの塗り薬は普通にやっていましたし、親もそれなりにドラッグストアの
店員や、ネット等でも色々と調べては石鹸を変えたり、塗り薬等も変えたりと色々と試しました。
ですが、そのどれも余り効果は無かったのです。

 

そんな頃、私が仕事上、ある有名化粧品メーカーの販売員の方と知り合う機会があったので、
休憩中の雑談の中、冗談半分で聞いて見た所、以下の会話となりました。

 

私「家の娘のニキビが酷いんですよ。何か効く薬はないですかねぇ?」
店員「娘さん?お幾つ?中学生?あぁ、じゃ、その頃はそんなモノですよ。」

 

っと、まぁ、ある意味、とても納得出来るお答えを頂いてしまいました。

 

勿論、雑談ですし、互いに冗談半分ではありましたが、ある意味、目からウロコの会話でしたので、
やや考えを改めて、結局子供は皮膚科を受診する事になりました。

 

結論から述べますと、タイトルにも記した様に、皮膚科を受診し、その問診の結果
処方された塗り薬と飲み薬、更には洗顔等のアドバイスを実行した結果、それまでの
市販の薬などを使用していた時とは比較に成らぬ程に、ニキビが良く成りました。

続きを読む≫ 2014/09/21 03:13:21

殺菌力が強いニキビケア化粧品は、肌への刺激が強くてピリピリする。優しいニキビケアは潤いが足りない、繰り返しニキビができる。こんなニキビケア用品の悩みを持っていませんか。
どちらの悩みを解消するのが「ルナメアAC」です。しっかり汚れを取り去るけど潤いは残す、肌の負担が少ないニキビケア化粧品です。

 

ルナメアACの洗顔料は殺菌剤不使用です。洗顔のしすぎはニキビの原因菌だけでなく、善玉菌も取り去ってしまいます。善玉菌は肌を保護してニキビを防いでいるのですが、過剰な洗顔や殺菌剤で善玉菌が少なくなると、悪玉菌が繁殖してニキビができやすくなります。
ルナメアACはファイバースクラブで汚れを取り去ります。一般的なスクラブ剤は固くて肌を傷つけてしまいますが、ファイバースクラブは圧力がかかると変形するので肌の負担が少ない特徴があります。

 

潤い成分は肌の奥の乾燥した部分に届かなければ効果を発揮しません。
フジフイルムのナノ化技術を利用したアクネシューターは浸透力がよく、肌の奥深くまで入り込みます。
油溶性の成分と潤い成分をミックスしています。油溶性成分が毛穴の油分に引かれて毛穴を集中ケアする、フジフイルム独自の技術です。

 

優しく汚れを落として潤いをしっかり届けるから、肌の負担が少なくニキビができにくくなります。

続きを読む≫ 2014/06/17 03:17:17